静岡市清水区 パーソナルトレーニング 引き締め

「美脚・美尻・美背中」の立ち姿美人のボディメイクにかけては静岡県で唯一

天然自前のコルセットを強化せよ   201

読了までの目安時間:約 4分

 


静岡は清水にあります

 

プライベートジム「バランスアップ」

「姿勢&スポーツクラブ ビッグ・エス清水」

 

にて活動してます

 

『女性でも振り返る立ち姿美人をつくる

理想ボディーラインクリエイター』

 

中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

 

今回は少しばかり専門的な話になります。
  

 

 

腹筋には主に4つの筋肉があります。

 

 

 

まず1つが腹直筋。

 

これは腹筋の中でも
表層部にある筋肉で、

 

身体を屈曲する(背中を丸める)
働きがあります。

 

(皆さんが腹筋と呼ぶのはこのこと。)

 

 

 

もう2つは腹斜筋(外腹斜筋、内腹斜筋)。

これは脇腹に位置する筋肉で、

 

側屈(身体を横に倒す) や
捻転(身体を捻る)の働きをします。

 

(ウエスト括れのためにと
捻るエクササイズをするのがこれです。)
  

 

 

最後の1つは
お腹の深層部に位置する腹横筋。

 

これは腹巻のようにお腹周りを
取り巻いており、

 

コルセットのように腹圧を高めて
腰を守る働きをしています。
   

 

 

ウェスト引き締めには
実は腹直筋だけでなく、

 

この腹横筋も鍛える必要があります。

 

(加えてお食事管理が必要なことは
言うまでもありません。)
   

 

 

 

 

 

この腹横筋を鍛えるためには

お腹を縮める腹筋
(クランチとかシットアップ)ではなく、

 

腹筋の長さが変わらない状態で
負荷をかける必要があるのです。

 

 

 

プランクやその他
姿勢を保持するためのコアトレなど、

 

腹筋の長さが変わらない状態で行う
エクササイズがそれにあたります。
  

 

 

ただしコアトレでなくても、
スクワットやその他の筋トレで

 

姿勢をまっすぐに保つことによっても
実は使われているのです。
  

 

 

もっと言うと
ただ単に立ったり座ったりしてる時に

 

お腹を締める意識
(きつい腹巻やズボンを履くような意識)
を持つことでもちゃんと使われます。

 

(モデルさんはそのような意識でもって
常にお腹を締めてウォーキングしいてます。)
  

 

 

ちょっとした意識でも使われる腹横筋。

 

日常においても今よりも少しばかり

意識されてみてはいかが?

 

タグ :

ボディーメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント