静岡市清水区 パーソナルトレーニング 引き締め

「美脚・美尻・美背中」の立ち姿美人のボディメイクにかけては静岡県で唯一

質・量・頻度のどれで調整する!?  185

読了までの目安時間:約 4分

 


静岡は清水にあります

 

プライベートジム「バランスアップ」

「姿勢&スポーツクラブ ビッグ・エス清水」

 

にて活動してます

 

『女性でも振り返る立ち姿美人をつくる

理想ボディーラインクリエイター』

 

中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

 

「運動2割、食事8割」とは、

 

およそボディーメイクにおいては

必須のマインドセットです

 

と常々お伝えしてます。
  

 

 

もちろん、私(中野)の
パーソナルトレーニングにおいては

 

運動(筋トレ)によって動きやすい身体、
疲れにくい身体をつくっていくのですが、

 

実際にあなたの身体を引き締めるためには

食事改善が不可欠。
    

 

 

 

 

 

そのためには「質」「量」「頻度」の
3つの要素があることを、

 

どうか頭に入れておいて頂きたいです。
  
 

「質」を変えるというのは例えば、

 

缶コーヒー → 微糖 → ブラックコーヒー
3.6牛乳 → 低脂肪乳 → 無脂肪乳
マヨネーズ、バター、チーズ → カロリーハーフ

 

というように、
同じものでも内分を少し変えてみる。

 

(好きなものを完全にやめるとストレスです。)

 

 

 

「量」を減らすということは、

 

お菓子好きのあなたは普段の3分の2に。
夜のご飯はお茶碗半分に収めておく。

 

お酒の「おかわり」の間に
水かウーロン茶を挟む。

(結果的にお酒の総量が減ります。)

 

好物を完全にやめるとストレスなので、
普段より総量を減らすということ。
 

 

 

「頻度」を減らすということは、

日本酒外交が必要な方でも、

週に2回は休肝日を設けてみる。

 

揚げ物が大好きなあなたも
その回数を減らす。

 

たとえあなたの好物でも、
週あたり1、2回はぐっと堪えて

頻度を減らすということ。
  
 

3つの要素において
共通していえることは、

 

0 100であなたの好物を
全くやめてしまうと
ゆくゆくはポシャってしまうので、

 

あくまでもボリュームを減らすということ。

(決して大きなストレスではないので
きっと続けれるはず。)
  
 

大事なことは、

「あなたが継続できるペース」
で行なうこと。

 

(これは運動においても然りです。)

 

 

 

さて、明日(今日)からあなたは

上記のうちどれでいっときますか?

 

タグ :

食事改善    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント