静岡市清水区 パーソナルトレーニング 引き締め

「美脚・美尻・美背中」の立ち姿美人のボディメイクにかけては静岡県で唯一

筋トレはまずはフォーム、次に筋肉   208

読了までの目安時間:約 3分

 


静岡は清水にあります

 

プライベートジム「バランスアップ」

「姿勢&スポーツクラブ ビッグ・エス清水」

 

にて活動してます

 

『女性でも振り返る立ち姿美人をつくる

理想ボディーラインクリエイター』

 

中野茂徳(なかのしげのり)です。

 

 

 

筋トレにおける意識のおき所は、

 

まずはとにかく正しいフォーム、
正しい姿勢にあるべきだと考えます。
  

 

 

例えばスクワットですと

動き始めは膝ではなく、

 

股関節を曲げる(お尻を後ろに引く)
意識から始めることであったり、

 

常に背中をまっすぐに保ったまま
立ち座りすること、

 

 

目線は
(下を向き向いたり顎を挙げたりせず)

斜め前を向いておくことなど。
  

 

 

それらが身体知化して

(身に付いて)初めて、

 

筋肉に意識を持っていく
段階に入るのです。
   

 

 

  

 

 

それもままならないまま

お尻に意識をもっていったり

太腿に意識をおいても、

 

いざフォームの方がないがしろに
なりがちになってしまいます。
  

 

 

筋肉への意識は

あなたのフォームが意識的有能
(意識すればできる状態)から、

 

無意識有能(意識せずともできる状態)
まで習熟してからでいいと考えます。
  

 

 

車の運転でいうと
何も考えずに助手席の人と会話をしながら、

 

外の景色を楽しみながら
運転できるようになった段階で初めて、

 

 

アクセルの微妙な蒸(ふか)し具合や

ちょっとしたハンドルワークに
意識を向けてみるようなイメージ。

 

(そもそも運転もままならないまま
そんな細かい意識は持っていけないはず。)
  

 

 

筋トレに話を戻しますが、

あなたが今どの段階にあるか?

 

フォームを固めにかかっている
段階なのか?

 

 

フォームはもう習熟したので
効かせたい部位(筋肉)に
意識を持っていくべき段階なのか?

 

を考慮しながら
臨んでいただきたいところ。
 
  

 

それだけでも運動効果は
随分と変わってくると思うのです。

 

タグ :

ボディーメイク    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント