静岡市清水区 パーソナルトレーニング 引き締め

「美脚・美尻・美背中」の立ち姿美人のボディメイクにかけては静岡県で唯一

そのダイエットのお食事法、あなたはずっと続けれる? 88

読了までの目安時間:約 3分

 


静岡は清水区の「姿勢&スポーツクラブ ビッグ・エス清水」にて活動してます

 

『女性でも振り返る立ち姿美人をつくる理想ボディーラインクリエイター』の中野茂徳です。

 

 

昨日は天候が崩れると共に夜は寒さが復活しましたね。

 

スポーツクラブでのセッションの後、そのままトレーナーと短パン姿で

 

出張先に移動した私は足元がエラく冷え込んでしまいました!

 

そんな昨日はスポーツクラブで7名、ご自宅出張で2名の方に頑張って頂きました。

 

 

ところで、あなたはお食事の際、バター・ケチャップ・マヨネーズ・ドレッシング・

 

ソースなどには気を付けていますか?

 

yjimage[2]

 

昨日指導したクライアントさまはバターを気を付けるのは難しい!と仰っていました。

 

お料理にもよく使うとのことですが、工夫次第ではどうにでもなります。

 

ちなみに私の家にはバターは置いてないです。

 

(かと言ってバターを使うのは一切やめましょうと言うのではなく、

 

まずはカロリーハーフのバターにしてもらうことにしました。)

 

 

実はボディーメイクにおいてそれらの調味料で損をしている方は多いです。

 

少量ずつかもしれませんが日々のことですし、ちりも積もれば…です。

 

特に1週間に3回もトレーニングできないあなたは、

 

そういった所を改善していくことによって少ない運動頻度を充分にカバーできます。

 

 

その際に大事なことは、一度に一挙に変えないこと!

 

あなたがこの先ずっと続けることが出来る変え方をすること!です。

 

 

仮に先程のクライアントさまに明日からバターをやめましょうと提案をします。

 

その方はトレーナーから言われたので渋々承知し、1日や2日トライしてみたものの、

 

やはり料理が美味しく感じられなくなり断念。

 

その挫折感が尾を引き、こんな辛い思いをするボディーメイクは私にはやっぱりムリ、

 

や~めた!になってしまう可能性だって大いにあります。

 

 

しかし、ボディーメイクは0か100かではないです。

 

完璧にする必要はなく、それよりも継続することが第一なのです。

 

そのためには50や60、場合によっては30もあり。

 

(先程のバターの話で言うと、カロリーハーフのことです。)

 

 

あなたが続けられる30や60という選択肢を

 

如何に提案出来るかが私の腕の見せ所!

 

選ぶのはあなた。それを実行するのもあなた。

 

ご自分で選んだからには確実に実践して頂きますからね!(笑)

 

 

 

食事改善    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: